・new!生け花日記

2021-07-02 14:20:00

②-[5・6]第四応用立真型・盛花/投入

353B83DB-7B3C-4FF0-BD81-34CE5D606ACB.jpeg

 

 

F5BCC56C-A63B-4D01-80BD-5BB7F39B73A5.jpeg

 

[花材]アレカヤシ/紫陽花/アンスリウム

[学びメモ]

・投げ入れ...花器の中に入る分を考えて、長さを切り過ぎないように注意する。

・第四応用立真型は、主となる「真・副・控」の中の「副」がなく、「真と控」で出来上がる為、スッキリと立ち上がった形が強調されます。

副が無くなったのみ、と考えていましたが、真と控えが強調されて、少ない分ごまかしの効かない難しさを感じました。

 

 

画像は盛花です。

アレカヤシのと紫陽花、メインのお花2種類ともに重さがあり、角度を付けたり、位置を微調整したり、そう言ったタイミングで全てのお花が崩れてしまい...何度も何度も繰り返し作り直しながら完成させました。

 

今回、難しい花材でお教室では、なかなか上手くいかず...。自宅でも楽しく学びを深めたいと思います。

 

暖かな家庭をふやすお花屋さん*ファミーユ